コロナクラスター終息報告

ご報告が大変遅くなり申し訳ありませんでしたが、去る7月29日夕方に当法人事業所の利用者に新型コロナの陽性反応が出ました。
その後、他利用者・職員が次々に数人ずつ感染していき、いわゆるクラスター状態となりました。
感染者が発生した時のシミュレーションは何度も行ってはいたのですが、実際の対応場面ではゾーニングが上手くいかなかったり、練習の手順通りにいかなかったりと大変な状況に陥りました。
シフトの組み替えや法人内他事業所の応援など現場職員も踏ん張ってくれ、嘱託医の協力や業者の協力・ご家族のご理解により、24日間かかりましたがようやく終息を見ました。
この間、ご心配・ご迷惑をおかけした関係者の皆様に、そして何より行動制限を長期にわたって強いることとなった利用者の皆様に深くお詫び申し上げます。